幼児のサッカー教室ってどうなんだろう?息子がサッカーに興味を持ったんです

来年、年少さんになる3才の息子と、公園でよくサッカーをして遊んでいます。ある日ソファーで、息子とユッタリしながら、日本代表の試合を見ていました。

すると、突然「自分のことを名前で呼び」○○ちゃん「サッカー習いたい」と言いだしました。親バカですが、未来の「日本代表だ~」とばかりに、嬉しい気持ちになってしまいました。

それで、幼児がサッカー習うには、どんな所があるんだろうか?と思い調べてみました。

087583サッカースクール記事2014

 

幼児のサッカー教室

 

調べてみると、大まかに4タイプのサッカー教室がありました

 

・全国展開しているサッカー教室
(例)JSNサッカースクール

・プロサッカークラブのサッカー教室
(例)セレッソ大阪サッカースクール

・地域のサッカー教室
「お住まいの市町村名で検索してみてください」

・幼稚園、小学校絡みのサッカー教室

 

どこが良いのか迷いますよね。実際に通わせるとなると、送り迎えの問題などがあり、選ぶのが難しい所です。

もし、将来は「ボク絶対!プロサッカー選手になりたい」と、明確な夢があればプロクラブのサッカー教室が良いと思います。

しかし、目標がプロではなく、教育の一貫としてなら、1番近くのサッカー教室で十分だと思いました。

あと、ほとんどのサッカー教室が無料体験ができます。体験してから、どこのサッカー教室に入るか決めれば良いでしょう

 

6b67276b611df12224b6b1a500ee5b36_s2014サッカースクール

 

サッカー教室に入る年齢は

・年中さん~小学6年生「なかには3才から可能の所もあり」

・月謝は
5000円ぐらい~10000円ぐらい
「週に通う回数で違う」

他には
・ユニホーム代
・入会金
・合宿代
・イベント代

などです。ユニホーム代は必ず必要ですが、入会金が要らないサッカー教室もありました。

 

余談ですが、

サッカーボールも購入した方が良いですよ。ボールの大きさは幼児の場合3号になります。

・小学生低中学年から   4号
・中学生以上からプロ   5号

になります。

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーを学ぶメリット

その他、気になったことは、サッカーのメリットはなんだろう。

・協調性

・一瞬の判断力

・広い視野

・先を読む力

・心肺機能の向上

・仲間が増える

 

などがあります。サッカーは、チームスポーツです。他者と協力して何かを達成する、協調性を学ぶのに良いと言われています。そして、友達、仲間が増えるのが良いですよね。

それに、「どこにバスだそうか」「今はシュートか」と「一瞬の判断と広い視野」そして「先を読む力」が必要なスポーツです。

だから、将来大人になってサッカーから離れても、これらの能力は、リアル社会で役立つスキルだと思います。もちろん、継続することが必要ですけどね。

 

余談ですが、

なぜ、年中さんから入れるサッカー教室が多いのかな?「もちろん、理由は、これだけではないですよ」。

・4才から8才ぐらいは「神経系」が発達する時期だから

・8才から10才ぐらいはゴールデンエイジという
(この頃から大人の難しい技も覚える事ができる)

 

だから、将来プロになりたいなら「4才から10才ぐらいが勝負」と言っても言い過ぎではないでしょう。

サッカー教室のお金儲けだけではなく、理に適っている事なんですね。^^

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】運動神経は10歳で決まる! [ 立花竜司 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】運動神経は10歳で決まる! [ 立花竜司 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 


幼児のサッカー教室のまとめ


幼児のサッカー教室は

・年中さん(4才)から入れる所が多い

・始めにユニホーム代などで数万円必要な所もある

・サッカー教室の無料体験を体験してみる

 

以上、幼児のサッカー教室を調べた記事でした。

 

余談ですが、

うちの3才の息子も、4才からサッカー教室に入れようと思っています。今からチョ~楽しみです。^^

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ