歯がズキンズキン痛いですか?。恐らく、虫歯が神経まで達しています。「この歯痛に耐えれる人なんて、いるんだろうか?」

それぐらい、辛くて、何も出来ないですよね。「私も経験あります」^^;

078318
一般的な応急処置は

・鎮痛剤を飲む

・歯に薬を塗る、詰める

・ほっぺや歯を冷やす

などです。

以下の記事でまとめました。

 

歯が痛い!虫歯激痛の一般的な応急処置

 

まず、今どこにいるのか、状況によりますが、下記の事を試してみてください。

 

・鎮痛剤を飲む

ロキソニン
バファリン

 

ご家庭の場合、ロキソニンを常備していれば飲みましょう。歯痛には、ロキソニンが一番良いそうです。なぜなら、歯医者が出す薬と成分が似ているそうです。

ない場合は、バファリンやその他、説明書きに歯痛とあるものを飲みましょう。「注意書きは良く読んでくださいね」。

 

・歯に薬を塗る、詰める

今治水

 

歯に直接塗る薬です。薬局で売っています。歯茎につけないように、虫歯に染み込ませるようにぬります。

正露丸(黒たまの方)の場合、初期の虫歯には効くそうです。だから、神経まで達している激痛では、正露丸では効かないと思います。

 

・ほっぺや歯を冷やす

ほっぺたを冷やしても歯痛がマシにならない場合は、奥歯なら、氷を歯に乗せる噛むイメージで冷やしてみてください。「私は氷を噛んで一晩耐えました」

 

以上が一般的な虫歯が痛いときの応急処置です。

 

・歯が痛いときにやっては行けないことは

身体を暖めることです。例えば、お酒、風呂など血行が良くなることは、歯痛がひどくなります。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の救急病院に行って応急処置をしてもらう

 

夜中や休日の場合と、薬も手に入らないときは、救急で見てくれる「夜間・休日救急センター」に行きましょう。

 

どこにあるの?

市町村から「歯が痛い 救急病院」などで検索してみてください。

 

それか、近くの救急病院に問い合わせて相談してください。(何か教えてくれると思います)。

歯医者の診察時間までガマンできそうなら、「辛いでしょうけど、耐えてください」としか言えないです。

 

 歯が痛いときのまとめ

 

診察時間外なら応急処置をして「痛みに耐え」、歯医者が開いたら歯医者に行って治療する

これしかないです。虫歯は放おって置いても治らないからです。

 

虫歯を放おって置くデメリットは

虫歯が進行して、あとあと、治療費、時間、激痛によるストレス。仕事に集中できないなど、デメリットばかりです。

 

行かない理由に

お金の問題、時間がない、歯医者が怖い。色々ありますが「歯が痛いと」まともに生活できないので、治療した方が良いと思います。

歯医者も進歩してレーザー治療とか、痛くない治療方法があるそうです。「あの、ガリガリやキュイーン音がない」。歯医者で相談してみてくださいね。^^

スポンサーリンク