端午の節句って何!兜や鎧を購入するときの注意点!

SPONSORED LINK

5月5日といえば子供の日、端午(たんご)の節句ですよね。私は子供のころ春になると「もうすぐ子供の日だ~」と喜んでいました。

うちは、兜の置物が飾られるのと、ちまきや柏餅が食べれたからです。

母が「男の子は、ちまきと柏餅食べる日だと」細かい説明なしで言っていました。今となってはいい思い出です。大人になってからは、子供の日と言うよりゴールデンウイークの意識が強くなりますよね。

しかし、結婚して男の子が生まれてから「端午の節句」とは何なの?と疑問に思い調べてみました。

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

 

端午の節句とは

簡単に説明すると

端午の節句の始まりは 奈良時代以降といわれています。

 

・意味は

昔も今も男の子は跡継ぎという考えが一般的ですよね。その跡継ぎの男の子が無事に育つようにとの気持ちを込められたお祈りの行事です。

 

・なぜ兜や鎧を飾るのか

昔の武家から始まった風習。というのも、身を守ってくれる兜や鎧は、武家にとっては大切な宝物だったそうです。今の時代に置き換えると、兜や鎧→身を守るという意味で「事故や病気から子供を守ってくれる」という思いからだそうです。

 

・兄弟で使いまわしてもいいの ?

基本は別々だそうです。でも、お金の問題スペースの問題で難しいかもしれませんよね。こだわりがなければ個人的に良いような気はしますが・・・

 

・兜と鎧を購入するには値段が高いのか

ミニチュアの千円ぐらい~数百万の本格的なものまであります。昔の風習でお嫁さんの家が送るのが一般的だそうです。

でも、今は風習にこだわることなく、祖父母から送られることもあるそうです。もし、本格的に兜や鎧を購入するなら鎧や兜の適正価格ってわかりませんよね。

だから、お店選びに注意が必要だそうです。節句人形アドバイザーという方がいるそうです。その方がいるお店では、不当表示広告を厳しく禁止しているそうです。「参考までに」

 

最後に

端午の節句を調べてみて 昔からの風習って面白いですよね。男の子の成長を願っての行事。祖父母さんからすれば、大切な孫のお祝い、財布のヒモが緩んでいますよね。

でも、購入時は「一呼吸おいて」気をつけた方がいいと思いました。^^

 

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ