夏用タイヤって?スタッドレスタイヤは1年中使えるのか?デメリットは?

夏用タイヤって何だろう?雪道走るからスタッドレスタイヤ(ホイール付き)に変えたけど「変えるのめんどくさいな」

そのまま来シーズンまで「タイヤ交換しない」で走ってしまおうかと思ったことありませんか?私はそう思ったので調べて見ました。

 

夏用タイヤとは

雪道で使うスタッドレスタイヤ以外のタイヤのこと。一般的には普通のタイヤ(夏用タイヤともいう)が付いています。

 

結論は

スタッドレスタイヤで1年中走ることも可能だそうです。そもそも、スタッドレスタイヤといっても、雪道以外でも走行できるように作られています。

しかし、スタッドレスタイヤを1年中使うメリットはありません。あえて上げるなら、交換する時間とお金だと思います。

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッドレスタイヤを1年中使うデメリットは

 

・雪道以外でのグリップ力低下

・夏場に走行することにより消耗が早い

・濡れた路面でのグリップ力は夏用タイヤの方が良い

・普通のタイヤより騒音が増加

 

スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べてゴムが柔らかいです。想像してみてください。柔らかいタイヤが熱い路面の上を走るとどうなるか?

何となく、路面に張り付きそうな気がしませんか?でも、違うんです。グリップ力は下がるんです。柔らかいゴムを地面に擦ると、減りが早くなるのは想像がつくと思います。

 

グリップ力が下がるとどうなるのか?

例えば、

ギリギリの急ブレーキ時には夏用タイヤより制動距離が伸びます。山道で少し攻めた走りをするとスピンしやすくなります。

 

夏用タイヤ(普通のタイヤ)の寿命は

まず、タイヤにはスリップサインというのがあります。タイヤの溝をみて残り何mmあるかを見て判断します。(1.6mm以下)

だから、走行距離が短くても1.6mm以下になる前に交換するのが望ましいのです。

 

タイヤに溝があったら何年でも使えるのか?

答えはNOです。タイヤはゴムなので経年劣化します。古くなればゴムが硬くなり、ヒビ割れもでてきます。最悪バースト(パンク)することになり大変危険です。

「高速道路でのパンクは想像するだけで恐ろしいです」

 

何年ぐらい使えるのか?

走行路面によるので一概に何年とはいえません。2・3年で交換したという人もいれば、5年以上使ったという人もいるからです。

 

 

まとめ

雪シーズンが終われば、スタッドレスタイヤ(ホイールごと)は交換した方が良いですよ。スタッドレスタイヤを冬以外で使うメリットがないからです。

ちなみに、タイヤ(ホイール付き)の保管方法

・タイヤラックと呼ばれるタイヤの保管グッズがあり

・タイヤ保管サービスを行っている業者もあり

 

注意点は

・日光に当てないこと(カバーをかける)

・空気圧は2/1程度に減らしておく

 

雪道を走る場合、タイヤ交換、タイヤ保管と面倒くさいですけど、仕方がない作業ですね。安全第一です。^^

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ