御衣黄とは?緑黄色の桜!盆栽など育てる楽しみもある!

SPONSORED LINK

さくらかな?と思う花がありました。良くみると「さくら」ではなく御衣黄という花でした。

それで、御衣黄って、どういう花なんだろうと思い調べてみました。

 

御衣黄とは緑黄色の桜

 

御衣黄の読み方(ぎょいこう)と読みます。

 

・特徴は

「緑黄色の花」を咲かせるんです。

開花時期は、ソメイヨシノより遅い4月下旬頃です。

残念なことは、ピンクの桜と違って目立たないこと。だから、ピンクの桜ほど普及していない。沖縄以外の100ヶ所以上の場所で見ることができます。

 

・見所は

花が咲いてから色が変化する所です。咲いたときは、緑→黄→ピンク(中心部が筋状の赤)へと少しですが色を変えていきます。一般的な桜より「色の変化が楽しめる」珍しい桜なんです。

 

・花の大きさは

直径2~4.5cmで地域により違う。花ビラの数は10~15ぐらいで外に反るように咲く。似た花でウコンもある。ウコンは御衣黄よりも薄い色。
SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

 

御衣黄桜はどこで見れるの?

 

場所をいくつかピックアップすると

・京都   世界遺産の仁和寺(にんなじ)雨宝院 奥比叡ドライブウェイ 平野神社

・大阪  造幣局 大阪市立大学理学部附属植物園     兵庫県  金蔵山金蔵寺 川添公園

・奈良県  春日大社神苑、東大寺西門(転害門)東側 奈良公園

・和歌山県 城山台中央公園

・島根県  雲南市三刀屋町(出雲神話街道の近く)

・静岡(掛川市)古楠神社 三熊野神社内三社公園

・名古屋 名古屋城

・関東 東京サマーランド

など他にもいろんな所で見ることができます。

 

花言葉は

優美(上品で美しいこと)
永遠(いつまでも続くこと)

 

御衣黄の栽培は

難しくないので初心者にオススメの植木です。庭に植えるか、盆栽も面白いかもしれません。庭の苗木は冬頃にネット通販などで簡単に手に入ります。

盆栽の場合サイズは「立て25cm横20cm」ぐらいです。お手入れも簡単で初心者向きの盆栽です。

 




まとめ

 

御衣黄は、一般的な桜(ソメイヨシノ)の影に隠れた珍しい桜なんですね。「花の色が変わっていくのがいいですよね」

一般的な桜ほどではないですが、いろんな場所で見れます。だから、意識して探してみると楽しいかもしれません。それに育てる楽しみもいいですよね。^^

 

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ