ハクモクレンの花言葉!似ている花のコブシとの違いは?

SPONSORED LINK

ハクモクレンという花をご存知ですか?私はまったく知らなかったので調べてみました。

すると、花言葉や似た花で「コブシ」という花があることがわかりました。そして、剪定(せんてい)という、始めて聞いた言葉もありました。

 

ハクモクレンてどんな花?

・漢字で書くと(白木蓮)

・モクレン科で原産地は中国

・咲く時期は3月下旬頃

お花見の「さくら」より少し早く咲き始める植木です。公園など比較的どこでも咲いている。強剪定の植木で家の庭木としても昔からある。「栽培がやさしいといわれているから」
SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

コブシとの違いは?

・咲く時期は ハクモクレンの方が少し早い

・花・葉の大きさは ハクモクレンの方が大きい

・花びらは ハクモクレンは少し開いた感じで数は9枚です。花びらは厚みがある

・コブシは完全に開いた感じで数は6枚です。花びらは薄くて小さい。

 

ハクモクレンの花言葉は

・尊敬

・自然な愛情

・恩恵・高潔な心

・自然への愛など

 

コブシの花言葉は

・友情

・歓迎

・信頼

・有愛

・歓迎など

 

余談ですが、「いいな~」と思った花言葉

・さくら→精神美

・オリーブ→平和

・スイセン→自己愛

・バラ→愛情

・スズラン→戻ってきた幸福

 

剪定とは

簡単に説明すると、植木の余分な枝を切ったり揃えたりする作業のこと。目的は、実のつき方や花の咲く時期を調整することだそうです。

「公園などで、枝をチョキチョキされた植木を見たことがあるかもしれませんね」。

 

 

ハクモクレンやコブシは強剪定

強剪定のばあいは枝の根本からきり調整するそうです。花が咲いたあとに、咲いていない枝をきるのが効率の良いやり方だそうです。

なぜなら咲かない枝がわかりやすいから。弱剪定のばあいは、枝先をきって調整するそうです。なぜなら枝の根元から切ったりすると枯れる恐れがあるから。

 

最後に

ハクモクレン「いい花ですよね」花言葉も高貴なイメージだし、花見(桜)の前の楽しみになりますよね。強剪定で育てやすい花なので、興味のある方は栽培しても楽しいですよ。

 

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ