コンコンコ~~ン!と一日に何回もでる咳!特に寝る前の時間が辛いですよね!
「眠れない^^;;;」

風邪が長びいて喉が「コチョ」ばくて違和感が!そういう方、多いのではないでしょうか。

以前、私は、熱は下がったのに咳が「コンコ~ン・・・」と出て辛かった体験があります!そのとき思ったのが喉に良い食べ物って何だろう?なんです。



それで、咳をしながらもリサーチするとはちみつがすぐ見つかりました。

気になった私は「はちみつ」のことを、まるで「テスト前の追い込みのよう」にリサーチしました!(*^^)v

それで、みつけた「はちみつ」をネットでポチッ!届いてすぐ試した体験談でもあります。^^
 
今回は、

  • はちみつが咳を改善させるの?
  • はちみつの効能?
  •  
の2つを超簡単にわかりやすくまとめました!あと、管理人の思ったこと体験談も最後にあります。^^

それでは、サクサクッ!とご覧くださいませ~♪

はちみつが咳を改善させる?


そもそも、咳がでる原因は「のどの粘膜が炎症」をおこして刺激されているからですよね。そうすると、のどの炎症を軽減してあげれば良いのです。

はちみつの中には炎症を抑える「グルコースオキシダーゼ」という成分が入っています(成分の話は難しくなるので省きます)。この成分には殺菌作用があり、炎症を抑える仕事をしてくれるそうです。 

そもそも、はちみつは、昔から民間療法で「喉の炎症」などの治療に使われていたメジャーな食べ物。
















そうすると、はちみつを朝から晩まで舐めていたら良いのか?

 
それは違います。一般的に言われている1日の目安は、スプーン数杯程度。

なぜなら、

  • カロリーの取り過ぎ
  • 糖分の取り過ぎ

になるからです。いくら咳に効果が期待できても、取り過ぎによる中性脂肪の増加は注意が必要なんです。
 
また、そのまま「はちみつを舐める」と喉の水分を奪われ痛みを感じる人もいるそうです。


はちみつの効能とは


そもそも、はちみつにはどんな効能が期待できるのか?リサーチしたことを箇条書きしました。

はちみつの期待できる効能
  • 体内粘膜を保護する
  • 炎症を抑える
  • 胃腸の調子を整える
  • 疲労回復
  • 消化吸収が早くすぐエネルギーになる
  • アルコールの分解を促進する
  • 歯石をできにくくする
  • 腸内環境を整える
  • ビタミンミネラルを含む
  • アミノ酸を含む
  • ポリフェノールを含む
  • 同じ量で砂糖よりカロリーが少ない

豆知識
あと、はちみつに「大根や生姜」をいれると効果が増すそうですよ。  

リサーチしてみると、あるわあるわの「はちみつパワー」。

もちろん、はちみつは食品ですよね。過大な期待は禁物。あくまでこういう効能が期待できますよ~ということです。

まとめ


はちみつの効能!いかがでしたか?「のどの潤い」「咳の改善」にも効果が期待できるという、ハチに感謝、感謝の食べ物だったんですね~!。

余談ですが、

はちみつにも種類が豊富にあります。喉に良いと言われている「はちみつ」は、マヌカハニーと言う種類です。しかし、私がリサーチしたときで500gで13000円ぐらいしました。 

管理人の思ったこと体験談


結論は、飲まないより改善されました。^^ 喉が潤う感じです。

例えば、眠る前に飲みます。飲む前は、咳がひどくて「ウトウトもできないぐらい」だったのが「ウトウトして眠ったと思ったら」夜中に咳でて目がさめる感じでした。あくまで「主観的な感想」♪^^

詳しくは、以前、風邪が長引き1か月ほど咳をしていました。そのとき、はちみつが喉に良いことを知り試した話です。



ネットショップで見つけた2kgのはちみつ(種類、アカシア)。届く前に「咳がおさまったらどうしよう?」と、セコイことを考えながらポチッ!。

まず、はちみつをそのままスプーンで一気に1杯舐めてみると、なにか違和感がありゴホッ!。それで、眠る前にティーに入れて毎晩飲むようにしました。

普段から喉が弱めの私には、はちみつ入りティーを眠る前に飲むことがルーティーンになりましたとさ・・・♪ 


最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク