菖蒲湯はなぜ湯船に入れるの?効能は?入浴剤はあるの?

5月5日に某スーパー銭湯でも菖蒲湯(しょうぶゆ)を楽しめたそうですね。

そもそも、菖蒲湯はなぜ「湯船に菖蒲を入れるんだろう?」「いい香りするけど効能は?」「入浴剤はあるのか?」と思った方いませんか?

私は気になったので調べてみました。

 

菖蒲湯とは

 

簡単に説明すると、菖蒲という植物(サトイモ科)の「根や葉」をお風呂に入れる

5月5日(端午の節句)の行事の1つ。こだわる人は、端午の節句に兜飾って、柏餅食べて、菖蒲湯に入ればバッチリ。

お肌トラブルのあるあかちゃんなどは、お湯は普通にして、菖蒲を頭に巻くだけにする方が良いかもしれません。頭に巻く意味は、「頭が良くなる」とも言われているから。

 

菖蒲湯に入る意味は

 

「邪気を払い遠ざけ疫病を除く」と言われているそうです。菖蒲って強い香りがあるんですが、その香りが邪気や疫病を遠のけると信じられているそうです。

いつ頃から始まったのか、江戸時代から武家の間で「菖蒲と尚武」をかけて祝うようになったと言われています。ちなみに尚武の意味は「武道・軍事などを大切だと考える」ことだそうです。

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

菖蒲湯の効能は

 

菖蒲にはアザロンやオイゲノールの精油(エッセンシャルオイル)成分が多く含まれている。

このアザロン・オイゲノールは血行促進、鎮痛作用に効果があると言われている成分です。そのため、血行促進で効果があるもの、腰痛・神経痛などをやわらげると言われています。

 

作り方は

・湯船(42℃~43℃ぐらい)にそのまま一つかみ入れる。あとは、入るとき好みの適温にする。

・前もって細かく切った菖蒲を「染みこむ袋」に入れ熱湯に浸す。10分ぐらいで精油が出てくるので、その袋と精油をお風呂に入れる。

・買ってきて、そのまま湯船に入れて楽しんでもいいですよ。

 

菖蒲湯の入浴剤

 

準備と後片付けがめんどくさい。だけど菖蒲湯に入りたいという方は、簡単に菖蒲湯気分が楽しめる入浴剤も発売されていますよ。

 

商品名は「浴用レオスパB」菖蒲根エキスが潤いを与え肌をなめらかに整えるそうです。

 

効能は

身体を暖める事による、疲労回復・腰痛系や、お肌トラブル系のあせも、ニキビなどです。

 

余談ですが

菖蒲湯のお祭りがあるのはご存知ですか?

石川県にある山代温泉(加賀温泉郷)で毎年6月4日・5日に開催されているそうです。菖蒲を神輿に積んで温泉街を駆け巡り、最後に古総湯に投げ込まれる祭りだそうです。

その湯に入ると「家内安全・無病息災」に過ごせると信じられ、多くの人が訪れる祭りだそうです。

URL→ http://tabimati.net/shoubuyu_matsuri

 

最後に

昔ながらの5月5日の行事、菖蒲湯。今でも銭湯などで楽しめ、石川県の山代温泉のお祭りも最高ですよね。

本格的に体験したい方は、菖蒲を早めに購入した方が良いですよ。(スーパーなどでは早めに売り切れるかも知れないから)

気分だけや、普段の入浴で楽しみたい方は、入浴剤もいいですよね。

以上菖蒲湯のポイントだけをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ