シングルガスバーナーとコッヘルをキャンプ道具として購入体験談!

うちが初キャンプに向けて揃えた道具は、小さいシングルガスバーナーとコッヘルです。初キャンプに向けて、外せない道具はなんだろう?と、色々キャンプのシミュレーションをしていました。

 

それで、朝のコーヒーは絶対外せない!と思い^^それで、お湯沸かすのは炭、カセットコンロ、「どうしよう?」と考えていました。

それで、「贅沢かな」コーヒーの湯沸かし用に、シングルカセット式ガスバーナーとコッヘルを購入しようと思いました。

 

余談ですが、以前、山の休憩場所で「ツーリングライダー」が、ガスバーナーとコッヘルでお湯を沸かしていました。それが妙に「かっこ良く」みえたんです。私の「憧れのお湯沸かし」でもあります。

^^

2013ジュニアガスバーナーイワタニ2014再編集

 

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングルガスバーナー購入編

 

調べるとピンきりで、手軽な値段が安いシングルバーナーと登山でも使えるタイプがありました。

 

・SOTOさんのレギュレーターストーブ

連続使用、低温時にも火力が安定するらしい。

 

・イワタニプリムス 153ウルトラバーナー

コンパクトで携帯性が素晴らしい。登山にも使える。

 

・ジェットボイル ZIP

カッコ良く一目惚れ。しかし、携帯性やコンパクト性で購入は止めました。キャンプだけならいいのですが、リュックサックに入れてハイキングを考えたとき、他の商品が良いかな~と思いました。

 

・プリムスのP133S

コンパクトに収納できる。火力が安定。縦型コッヘルに収納可能。

 

シングルガスバーナーを調べていて、直結式と分離式があることがわかりました。

 

・分離式

ホースが付いている。重心が低いので安定性がある。

・直結式

軽量性や収納性がいい。小さいのでコッヘルの中に収納できるものが多い。

 

うちは、キャンプとハイキングのことも考えて直結式のシングルガスバーナーに決めました。「分離式はホースが何か気になっちゃって」。

 

 

シングルガスバーナー体験編

 

イワタニさんの「カセットガスジュニアバーナー」をネットショップで購入しました。家に届いてスグにキッチンで火を点けてみました。「シュボー」という音にドキドキしながら、カチッカチッと点火ボタンを押しました。

そのとき、「これなんだろう?」気になったのが、ガスの出る所の横から鉄が伸びていて「先が赤くなっている所」があり不思議に思っていました。

 

その後、キャンプで使ってみました。お湯は、小さいコッヘルの鍋に入れて沸かしました。思ったより早くお湯が沸き(ニヤニヤ)。

そのとき、野外では、火が点いているのか?点いていないのか?が、わかりにくかったんです。それで、火が点いているかどうかの判断は、あの「鉄の先が赤くなっている」のが目印だったんですね。

凄い良く考えられてるな~と感心しました。^^

 

コッヘル購入

スノーピークさんの「アルミパーソナルクッカーセット」を購入。家族キャンプで本格的な料理に使うには、小さくて使えないです。でも、家族でハイキングなどにも行ったとき使えそうです。

例えば、暖かい飲み物やラーメン(500cc)も作ることが可能です。

 

 

シングルバーナーのまとめ

 

秋キャンプで気温が低く寒かったのですが、点火も問題なく使えました。しかし、数ヶ月後の春キャンプでトラブル発生。久しぶりに点火ボタンを押すと、火花がでません

仕方なくチャッカマンで火を点けました。

 

でも、収納がコンパクトで専用のプラスチックケースもあり、手軽な感じが気に入っています。「大きい公園やハイキングに持って行きたい」と思わせます。

 

以上、小さいシングルガスバーナーとコッヘルの購入、キャンプでの体験談でした。

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ