車中泊旅で寝る場所は?慎重派は計画が必要!安全第一ですよね!

SPONSORED LINK

私は、家族で遊ぶのが大好き。特に家族でキャンプに行くことにハマっています。しかし、たまには、私1人で出かけたいときもあります。人は自分と向き合う時間も「絶~対必要!」だしね。^^

そのとき、宿泊費を浮かせるために、車で寝泊まりしようと思いました。実は昔、仮眠程度ですが、何回か車で寝たことがあります。

 

しかし「ほとんど寝むれなかった」んです。それで、少し調べてみました。すると、車で寝ることを(車中泊)というらしい。しかも、いろんな快適グッズがあることに驚きました。

 

それで、車中泊の目的って、そもそもなんだろう?

・なぜするの

・寝る場所

・危険性は

・快適なの

・車中泊グッズ

・何か雑誌はあるの

 

などがあります。今回は、車中泊のする理由、寝る場所を調べてみました。

 

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

車中泊をする理由は

 

・ペットと泊まって楽しむ

・経済的理由「節約旅行」

・車中泊そのものを楽しむ(車旅)

 

お金が無くても「好奇心旺盛で色んなものを見てみたい」などの旅好き。例えば、ホテルに1日泊まる金額で、車中泊なら3回行けるみたいな感じかな。

それに、1回の経験より3回の方が良いような気がする。「あくまで、私の感覚です」 ^^

家族であるペットとも旅ができるのも最高な気がします。

 

 

車中泊で寝る場所は

 

・道の駅

・高速道路のサービスエリア

・キャンプ場

・無料駐車場

 

道の駅

道の駅では、基本的にキャンプ行為は禁止だそうです。だから、車の横でテーブル広げたり、バーベキューなんて絶対ダメなんです。

調べる前までは、道の駅は、気軽に「車で寝泊まりできる」いい場所と思っていました。しかし、基本的に道の駅は「休憩場所」だそうです。

 

道の駅にも「ルール」があります。守ることは守って利用しましょう。

例えば、「長期滞在しない」「ゴミは持ち帰る」「騒がない」などです。私は、「モラルにうるさい人」なので、利用する時は気をつけようと思いました。

 

高速道路のサービスエリア

大きいサービスエリアは、騒がしいです。逆に静かなサービスエリアでは、「物騒な所」もあるらしいです。

基本的に大型トラックのエンジン音や人の気配など騒がしい。

 

キャンプ場

まず、キャンプ場といっても、オートキャンプ場と普通のキャンプ場があります

違いは、オートキャンプ場は、車を乗入れることができる。「テントの横に車を止める」。

普通のキャンプ場は、駐車場に車を止めて、テントサイトには徒歩で行く。テント立てる場所と駐車場が別なんです。

 

そして、キャンプ場にも有料と無料の所があります。無料の所は、オートキャンプ場ではなく普通のキャンプ場が多いです。

車中泊なので、お金を掛けたくない無料にこだわると、オートキャンプ場ではなく、普通のキャンプ場になります。

それなら、キャンプ場の駐車場で寝ることはいいのか?

事前にTELして確認が必要。キャンプ場により交渉しだいでOKの場合もある。だから、旅先で近くの無料キャンプ場をさがして、電話交渉すると駐車場で車中泊できる所もある。

 

無料駐車場は

都会では、ほとんど有料なのでありません。田舎の方では、無料駐車場があります。しかし、行く前にピックアップしておく必要があり、旅の途中で「ココに止めようと」見つけるのは難しい。

 

 

車中泊の寝る場所について思ったこと

 

私は、慎重派なので、計画を立てないと車中泊は厳しいと思いました。

 

私の理想は、思いついたときに家を出発。そして、目的地で適当に寝る。そういう、車中泊旅に憧れていました。しかし、寝る場所のピックアップや予備の寝る場所は、確認しておいた方がいいみたいです。

なぜなら、「安全第一」だからです。でも、予想外のことに対応していくことも、旅の醍醐味なんでしょうけどね。^^

以上、車中泊で気になったこと、今回は、する理由と寝る場所を調べてみました。

次回は、車中泊の危険性から、またブログで更新したいと思います。

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ