さあ、張り切ってカマキリ捕まえてきました。それで、どう飼えば良いのか?。エサは何をあげれば良いのか?。簡単に飼育の仕方を調べてみました。

まず、当たり前ですがカマキリを入れる容器。

ひょっとして、容器の中に土を入れたり、自然の中をイメージしないと行けないの?

答えは、そこまでしなくて大丈夫。

容器の中に木の枝か何かを入れる。カマキリが「つかまる」ことが、できるようにしてあげる。もう、これだけでも十分です。つかまる物が必要な理由は、脱皮のときに必要だから。

スポンサーリンク

 

エサは何を食べるのチョウチョしか食べないの?

 

基本的に生きた昆虫ならなんでも食べます。昆虫と言っエサは何を食べるのチョウチョしか食べないの?ても幼虫なども食べる。サイズの大きいオオカマキリは、魚・小動物を捕まえて食べることもあるらしい。


昆虫の入手方法は

・捕まえる(笑)

・ペットショップでコオロギなどを購入する。

・釣具屋でミルワームを購入する。(食べるが、栄養的にコオロギなどの虫がいいらしい)


動くものは比較的なんでも食べる。「そこがカマキリの面白い所」。だから、昆虫を手に入れるのが難しい場合は、鶏肉などを「糸に吊るす・つまようじに刺し」カマキリの前で動かす。すると、カマキリはエサだと思い食べる。

 



 もし、赤ちゃんカマキリを捕まえた場合は


生まれてすぐの赤ちゃんは、1cmほどしかありません。生きた虫を上げようと思ったら、葉に付いているアブラムシやショウジョウバエなど、かなり小さい虫になります。アリは硬くてエサに向かないそうです。

「小さく切っているのかな?」直接エサあげるのも、可愛いな~カマキリの赤ちゃん。

カマキリのエサのトラップ

 

ちなみに、ショウジョウバエを捕獲するのに、トラップを作る方法があります。

 

ショウジョウバエは、「食べかすやバナナ」などにスグ群がりますよね。だから、バナナの皮などを置いておくと、ショウジョウバエが集まります。その集まったショウジョウバエを、赤ちゃんカマキリが食べる。

 

しかし、容器のフタなどは注意が必要。赤ちゃんカマキリは外に出れないが、ショウジョウバエは通れるように網などをしておく。

 

衛生的に気持ちわるい人はオススメしません。「私はやりません」(笑)。想像しただけで気持ち悪い。匂いもどうなんだろう?。1つの方法として覚えておけば良いと思います。

最後に


カマキリカッコイイですよね。「欲しいなー」^^。実は、まだカマキリ捕まえていないんです。捕まえるまえから、飼い方調べてシミュレーションしたんです。^^;。

だから、あとは、カマキリ捕まえてくるだけ「ウォ~カマキリ欲しい~」。^^

以上、飼育とエサを簡単に調べてみました。最後まで読んでくれてありがとうです^^。

スポンサーリンク