カマキリを調べていて1番ビックリしたことは、寄生虫が湧くこと。その寄生虫の名前はハリガネムシと言います。

 

知らない方は、とりあえず動画みてください。



見ました?ハリガネムシ。気持ち悪いでしょ。

 

寄生する原因は、カマキリがハリガネムシの幼虫を含む水を飲んだり、寄生している水生昆虫を食べて寄生するそうです。

 

カマキリの寄生虫ハリガネムシは人に寄生しない

 

ハリガネムシ、気持ち悪るすぎて、変なことを妄想してしまいました。

 

ここから妄想

ヤッタ~!ウキウキでカマキリ捕まえて、家に持ち帰る。そして、「いじくり回している」と水を求めてカマキリが洗面台に飛んで行き、ハリガネムシが出てくる。

それを見た、嫁と6年生の長女は「ゴキブリ以上」の大パニック間違いなし。

そして、そのハリガネムシを3才の息子が触り、何かの拍子に「口から体内に入ったら・・・」と想像してしまいました。気持ち悪るすぎます。

妄想終わり

 

でも、安心して良さそうですよ。人には寄生しないそうです。一時は、もうカマキリ捕まえるの止めようかと思いましたから^^。

 

ウソ話で、皮膚から入って感染するという話がありますが、根拠はありません。ハリガネムシは口もなく「皮膚を突き破る力がないそうですよ」。

 

しかし、人に寄生した例があるそうです。子供が「幼虫を含んだ川の水を飲んだらしい」。吐いただけで、特に何も起こらなかったらしい。

 

ハリガネムシ気持ち悪いですよね。寄生されているカマキリは死んでしまうそうです。やっと捕まえたカマキリが寄生していたら、かなりショックでしょうね。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、

人に寄生する寄生虫は「サナダムシ」が有名です。腸に住みつき栄養を吸収するらしい。だから、「ご飯を食べても食べても痩せるみたいな・・・」。

 

腸の中で「最長10mぐらい」。およそ、車2台分ぐらいの長さのものが、お腹にいると思うと「悪寒」がしますよね。でも、現在の日本で寄生している人は、まず、いないそうです

 

カマキリの卵から孵せばハリガネムシは大丈夫

 

ハリガネムシに寄生していないカマキリが欲しいなら、卵から孵すこと。カマキリの卵は、冬の間に見つけることができます。

 

しかし、見つけた卵も変色していたり、形がおかしかったら採るの止めておきましょう

 

鳥が突いて食べていたり、寄生蜂が卵産んでいたりするからです。「卵みつけて、生まれてきたのは蜂だった」、その時のガックリ感はハンパないでしょうね。^^

 



オオカマキリの卵が1番わかりやすい。

 

カマキリの寄生虫ハリガネムシのまとめ

 

カマキリがハリガネムシに寄生する原因と、どうなるか?

 

・寄生している水生昆虫食べるから

・ハリガネムシの幼虫が含んだ水を飲むから

・ハリガネムシに寄生しているカマキリは死んでしまう

 

以上カマキリに寄生するハリガネムシを調べてみました。

個人的に一番安心したのは、人に寄生しないことです。だから、もし、ハリガネムシに寄生したカマキリを捕まえても、気持ち悪いだけだから安心しました。^^

スポンサーリンク