チャイルドシート!レカロに買い替えて思ったこと!いま思えば新生児用は・・・

SPONSORED LINK

普段、車であまり出かけないわが家。しかし、今年の夏休みは「下の息子」が大きくなったので、いっぱい「遊びまくろう」と思いました。

それで、最近、窮屈そうにしている息子のチャイルドシートを買い替えました。「リクライニングできないのがチョットね~」。

うちの息子は、3才。身長、体重は、およそ「100cm」で「13kg」です。

 

今回の記事は、チャイルドシート買い替えの体験日記です。

DSC_1921

以前のチャイルドシートは、新生児から使えるタイプで、メーカーはアップリカです。ちなみに、5万円ぐらい。

 

SPONSORED LINK


 

 

 

 

 

 

 

 

レカロのチャイルドシート購入

 

今回購入したのは、レカロ(スタートアールワン)のチャイルドシート(インパクトシールド付き)です。「9kg~36kg」まで使える商品。それで、購入するとき「インパクトシールド」なしのタイプと迷いました。

 

残念なことに、体重があと2kgたりなかったんです。だから、15kgまでまってインパクトシールド無しを購入するか(差額3千円ぐらい)。今購入するかで迷いました。それに、以前使っていたチャイルドシートは18kgまで使えます。もう少し息子に我慢させるか・・・。

 

でも、中距離走るときは「リクライニングできない」チャイルドシートはキツそう。それにインパクトシールドありなしの差が、数千円しか変わらない。それで、ウダウダ考えたあげく「家族で夏休みを快適に遊ぶために」と思い購入しました。

DSC_2027

 

それで今まで、チャイルドシート2個・ジュニアシート1個・今回レカロを購入して思ったことがあります。

 

もし、いま赤ちゃんが生まれて、チャイルドシートを買うなら。新生児のときは、多機能シートを購入すると思います。多機能なチャイルドシートは、「ゆりかご・ベビーシート・ベビーラック・ベビーキャリー」として使い。使える期間は新生児から11.5kgです

 

だから、多機能チャイルドシートからレカロ(スタートワン)に買い替えれば良かったと思っています。そうしていれば、もう少し早くから、チャイルドシートの乗せ降ろしが楽になっていたからです。息子もユッタリできたし、経済的にも安く済んでいました。

 




最後に

今回、チャイルドシート(レカロのスタートアールワン)を購入して、「親の負担軽減」と「息子の快適度がアップ」しました。それに、息子が「カッコ!」と言いながら「ニヤニヤ」しています。その姿を見るだけで購入して「良かったな~」と思いました。(^^)

スポンサードリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ